新発売!! 特急ひたち9号 偕楽園駅停車 品川~いわき【BD】 [VB-6816]

新発売!! 特急ひたち9号 偕楽園駅停車 品川~いわき【BD】 [VB-6816]

販売価格: 5,225円(税込) [通常販売価格: 5,500円]

在庫数 1
数量:

2011年3月の東日本大震災で部分不通となっていた常磐線。2020年3月 9年ぶりに全線復旧を遂げた。東京都心から仙台までを乗り継ぎなしで行ける常磐線特急の復活は大きな話題となった。 弊社も2021年2月に仙台発品川行き特急「ひたち」の全面展望を収録・発売した。

今作は、その逆区間の品川発いわき行き。今回は観梅のシーズンに臨時駅となる偕楽園駅へ停車する特急ひたち9号に乗車した。

列車は品川からの特急ひたち9号。最高速度130km/hを誇るE657系で運用され今作もスピードが魅力の作品となっている。品川から東海道本線・上野東京ラインで都心を北上。間もなく暫定開業中の高輪ゲートウェイ駅を通過。しばらく東海道新幹線と並走すると東京モノレールやゆりかもめなど他鉄道路線も賑やかに。東京、上野へ停車の後は一気に偕楽園までをノンストップで走ってゆく。日暮里から常磐線となり進路を東へとると荒川、江戸川を渡り千葉県へ。取手を過ぎるとすっかり郊外の景色へと変わり、交直セクションを越え、さらに北上を進めると観梅シーズンにのみ停車する偕楽園(臨時駅)へ。梅が色づくには少し早い時期であったが早咲きの梅花を少し見ることができる。水戸からの常磐線は海沿いを走り、最後は福島県中通り方面と宮城県方面への連絡の拠点いわきに到着する。

 

撮影日:2022年2月26日 晴れ 撮影列車:特急ひたち9号(臨時駅、偕楽園駅に停車)
撮影区間:品川〜いわき
編成: ←品川 クハE656-7 モハE657-207 モハE656-207 サハE657-7 サロE657-7 モハE657-107 モハE656-107 モハE657-7 モハE656-7 クハE657-7 いわき→ 

 

2022年6月21日発売   収録時間:159分

 

新発売!! 特急ひたち9号 偕楽園駅停車 品川~いわき【BD】 [VB-6816]

販売価格: 5,225円(税込) [通常販売価格: 5,500円]

在庫数 1
数量: